野間史跡散策
1159年(平治元年)、平治の乱に破れた源義朝は長男義平を含む数名の家来と共に、家来の鎌田氏の義父である長田忠致を頼りこの野間の地に落ちのびましたが、長田忠致に裏切られ、入浴中に襲撃を受けてあえない最期を遂げました。
現在、大御堂寺(野間大坊)に義朝の墓があります。「せめて木刀一本でもあれば殺されず済むものを」という義朝の最後の最期の言葉にちなみ多くの木刀が供えられています。
長田忠致は後に義朝の子、源頼朝の挙兵の際に父子共々頼朝に罪をわび、その後の合戦では大活躍しましたが、平氏滅亡後、頼朝は約束通りに「美濃・尾張(身の終わり)」を賜うとして、長田父子を義朝の墓前において磔にしました。

また、野間大坊の大御堂寺には、織田信長の三男・織田信孝の墓があります。
織田信長の死後、岐阜城を手に入れ、柴田勝家や滝川一益等と共に秀吉に対しますが、天正11年(1583)羽柴秀吉によって岐阜城を攻められたうえ、勝家も北ノ庄城で自害し、岐阜城を開城して秀吉に降伏しました。
その後大御堂寺に送られ、切腹させられましたが、切腹の仕方は「無念腹」という、自らの腸を切り取り周囲に投げつける壮絶なものだったといわれ、信孝切腹の短刀と血痕のついた掛け軸が残されています。
野間大坊 大御堂寺本堂
義朝御廟
安養院 信孝切腹の掛け軸
周辺の見どころ
観光
野間灯台
広がる空と海、一面のブルーの中にひときわ目立って映える高さ18メートルの灯台は美浜町のシンボル的存在です。現在も伊勢湾を行き交う船舶の安全を見守っています。
潮風と波が、ロマンティックな気分を盛り立てます。特に夕日のきれいなスポットです。 (美浜町)
野間灯台写真
ミツカン酢の里
文化元年(1804年)から200年、半田は醸造酢発祥の地で、酢づくりが盛んに行われています。「ミツカングループ」による酢造りに関する資料を集大成した日本唯一の酢の総合博物館「酢の里」では、江戸時代から現在までの酢づくりの歴史や製造工程などが見学でき、醸造酢の歴史と文化を探ることができます。(半田市)
ホームページ
ミツカン酢の里写真
国盛酒の文化館
昭和60年(1985年)にオープン。日本酒の歴史と國盛の伝統を紹介し、新たな時代へ日本酒の素晴らしさを提唱する施設です。約200年を経た土蔵漆喰造りの蔵を改修、数百点に及ぶ酒造りの道具・工程・書簡等を展示しています。國盛の「芳醇麗酒」をきき酒できるコーナーもあります。(半田市)
ホームページ
国盛酒の文化館写真
杉本美術館
名古屋市生まれの画家・杉本健吉氏の作品を展示しています。初期から現代までの作品、約9700点余りを収蔵しています。なかでも小説『新・平家物語』の挿し絵や、曼陀羅(まんだら)の絵は必見。(美浜町)
ホームページ
杉本美術館写真
ティレク&ティレセク美浜美術館
パリの高級ホテル「リッツ」にギャラリーを持つチェコスロバキア生まれのフランス人画家ティレク&ティレセク夫妻による絵画40点を展示している美術館です。館内の展示絵画については、展示する位置、光線まで指示をしていかれたそうで、作品によっては、自然光のもとに展示されています。(美浜町)
ティレク&ティレセク美浜美術館写真
新美南吉記念館
童話『ごん狐』の舞台とされる中山の地に、1994年(平成6年)6月、新美南吉生誕80周年・没後50周年を記念し開設されました。館内の展示室には南吉の残した原稿や日記、手紙などの資料と南吉の作品6点のジオラマ模型の展示があります。(半田市)
ホームページ
新美南吉記念館写真
中部国際空港セントレア
2005年に開港。伊勢湾海上の人工島に位置し、敷地面積は約470ヘクタール、滑走路は1本で全長3,500メートル。「セントレア」という愛称で呼ばれ、その由来は中部地方を意味する「central」と空港を意味する「airport」の組み合わせたものです。(常滑市)
ホームページ
中部国際空港セントレア写真
常滑やきもの散歩道
中心市街地の小高い丘にある散歩道。常滑駅から徒歩で5〜10分にある陶磁器会館が出発点です。
1972年頃に自然発生的に生まれたもので、焼き物のまちらしい雰囲気が残っており、 他の地域には見られない特徴的なまち並みをあじわえます。 (常滑市)
ホームページ
常滑やきもの散歩道写真
体験
観光農園花ひろば
一年中、花摘みができる農園です。12月〜3月は食用菜の花摘み、4月〜5月はポピー、6月〜7月はスターチスとラベンダー、
7月〜8月はペチュニア、9月〜10月はコスモス、ひまわり、
11月〜12月はペチュニア、ひまわりです。11月〜5月までは、生産直売の野菜を50円〜100円で販売しています。(南知多町)
ホームページ
観光農園花ひろば写真
ジョイフルワーム鵜の池
自然とのふれあいを通じて、新鮮な野菜を収穫したり、育てる喜びを体感できる観光農園です。季節に応じて、いちご狩りやみかん狩り、いも掘りなどが楽しめます。(美浜町)
ホームページ
ジョイフルワーム鵜の池写真
盛田味の館
盛田株式会社の企業博物館です。160年前(江戸時代)の醸造蔵を改装した施設で酒や味噌、醤油、の製造工程をビデオで紹介しています。また、利き酒スペースや食事処が用意されています。2008年(平成20年)4月10日に盛田家第15代当主でソニー創業者の盛田昭夫の常設展がオープンしました。(常滑市)
ホームページ
盛田味の館写真
あそぶ
南知多おもちゃ王国
南知多ビーチランド内に中部地区初、見て、触れて、体験できる「おもちゃ」のテーマパークがオープン。「リカちゃんハウス」「トミカ・プラレールランド」「シルバニアファミリー館」など、おもちゃのアトラクションがいっぱい。(美浜町)
ホームページ
南知多おもちゃ王国写真
南知多グリーンバレー
バンジージャンプ、スカッドダイビング、スカイコースター、アスレチック、ウォーターアスレッチクなど遊び満載。
いちご狩り、みかん狩り、芋掘り体験、バーベキューも予約できます。(南知多町)
ホームページ
南知多グリーンバレー写真
テルメ・ウツミ白砂の湯
内海千鳥ヶ浜海岸がすぐ目の前という絶好のロケーション。展望大浴場では海が一望でき、夕日を眺めながら入浴するのは最高.岩風呂、薬湯、サウナも堪能できるリラクゼーションやあかすりなど、ボディケアコーナーも充実。(南知多町)
テルメ・ウツミ白砂の湯写真
ショッピング
えびせんべいの里
南知多の味覚をご家庭でお気軽にお楽しみいただけます。見学工場があり、できた製品を直売しています。
隣接したところにハウスがあり、季節の花々が楽しめます。
(美浜町)
ホームページ
えびせんべいの里写真
豊浜魚ひろば
産地市場を一般開放したひろばで、卸売市場の活気をそのままに、産地ならではの活きの良さ、種類の豊富さはここならでは。のり、わかめ、ちりめんじゃこ、干物といった水産加工品もバラエティー豊かに揃っています。(南知多町)
ホームページ
豊浜魚ひろば写真
セラモール
中部国際空港近くにある、18軒ものお店が集結した常滑焼の販売場。茶器や食器等様々な常滑焼を販売しております。
毎年3月に創業祭、8月に常滑焼まつり、10月、11月初旬に秋祭りとイベントを開催しています。(常滑市)
ホームページ
セラモール写真
希望日からプランを検索
伊勢海老プラン
わたりがにプラン
ふぐプラン
ふぐ&かにスペシャル
海鮮プラン
源義朝御膳


スマホ・モバイル用HP